発達障害だって、頑張るもん!

発達障害だって、頑張るもん!

発達障害児を持つママ・ココです。毎日が修羅場のリアル育児。子どもを通して学んだ発達障害児への対応、工夫、その他色々な情報をたくさんの人と共有できたらいいな、と思っています。

【発達障害児へのおすすめ絵本】 算数が苦手な子へ

数式が書いてある黒板の前で本を読む人

 

こんにちは!ココです。

来ていただいて、ありがとうございます。

 

自閉症スペクトラムでADHDの息子は、読書が大好き。

今日はそんな息子目線と、親の私も「これはいい本!」と感動した本をちょっとご紹介したいと思います。

 

● 昔からある良書です!「はじめてであう すうがくの本」。算数の苦手意識がある子へ、絶対のおススメ!! 

 

 

数学嫌いな父が幼少の私に買い与えていた本

 

私の亡くなった父は勉強が大嫌いだったそうです。

上の兄弟は出来がよかったので、なおさらやる気がそがれていたのかもしれません。

 

勉強、特に数学が大の苦手だった父は社会人を数年やっていて、何と設計課に配置換え。一気に測量の道へと走らなければなりませんでした。

 

三角関数どころか、数学はホントに鳥肌が立つほど大嫌いだった父。

 

本を買ってもちんぷんかんぷんだったため、当時車で40分ほど離れた所で暮らしていた義理のお兄さん(私にとっては伯父ですね。)のお家に毎週通い詰めていたそうです。伯父は数学の教師でした。

 

「数学」と書かれた黒板の前に立つ先生の編みぐるみ人形

 

平日は毎日退社後2時間は勉強。

30歳を過ぎて中学生の数学からやり直し始めた父は「算数は積み重ね教科」ということを痛感し、幼少時に「数に今のうち慣れておけるように」と私に「はじめてであうすうがくの絵本」という安野光雅さんの本を全巻買い与えたそうです。

 

絵本で「算数嫌い」を回避できる!

 

私自身も数学は得意ではなかったのですが、この本は好きでよく眺めていたそうです。

「算数の本」というよりは、「数の概念」をおもしろおかしく、そして簡潔丁寧に説明してくれる本です。

 

昭和の頃から何十年も読み継がれた良書です。

「すうがくの絵本」というと、ちょっと「小難しい」ような気がして手が伸びないことも多いようで、意外とこの本を知っているママは少ないですね。

 

ですが本当に今読んでも分かりやすい!

小人が「まほうのくすり」を作って馬やうさぎにつけ、伸縮の比率を試したり、「きれいなさんかく」では三角形や多角形を見ながら作る折り紙が出てきます。

 

小さい子のみならず、特に知的・発達障害の子には非常にとっつきやすい本です。

算数障害の子には、特に噛み砕いて「かず」というものを描いてあるので理解度が進むかもしれません。

算数が苦手だな…と思うお子さんには、是非是非読ませてほしいですね。

 

青空に飛ぶ紙飛行機


 算数が「小難しい学問」ではなく、「日常にあふれている小さな不思議」なんだ、ということだけでも分かりますから。

 

実家にあったこの本を絵本がわりに持ってきた頃、息子はまさしく「絵の本」としてめくって遊んでいました。小人の表情とかが面白いようで、よく笑っていました。

 

年齢があがるごとに少しずつ理解できるページが増えるらしく、時折出しては小学校低学年まで何度もめくっていました。

 

算数は、とかくつまずきやすい教科です。苦手意識も他の教科より強く出やすい。

でも「概念」だけを何となく感じることができれば、苦手であっても「嫌い」にはなりにくいんですね。

息子は文章問題やひとひねりある問題は全然ダメで、算数は「得意ではない」教科ではありますが、「嫌いではない」そうです。

 

「嫌いではない」。そういうのって、大事ですよね。

 

まとめ 

 

こんな風に息子の「苦手意識が出てきそう」「つまずきそう」な分野は、そのジャンルの本をあれこれ見て「絵本」や「読み物」として 面白そうな本を探して与えてきました。

 

昔と違って、今はフルカラーだったり写真が美しかったり、イラストが笑えたり文章がウケ狙い満載だったりと、大人でもグイグイ引き込まれる本がたくさんあります。

 

飛行機の中で本を読む女の子

 

学校の授業では面白くなくとも、本の世界で興味を持ってくれたら。「嫌いだから勉強しない!」とはなりません。

授業に参加しなくとも、「興味さえ持ち続けてくれれば」。

だいじょうぶ。授業に何年も参加しなかった息子のように、何とかなります。(笑)

 

苦手なら、嫌いなら。面白おかしく笑える方向から角度を変えて見せてあげましょう。

おもしろいなら、子どもは喰らいつきます。単純ですが、もっともなことですよね。(^_^;)

その時は点数が思ったほどよくなくても、「それをもっと知りたい」という気持ちがずっとずっと後になって開花するときもあります。

 

だからまずはできることからサポートしてみましょう。

え??そんな本を探す時間がない??

 

大丈夫。これから時々、息子目線の「おススメ本」を紹介していけたらなあと思っています。

 

気になったらこのブログをたまに覗いてみてくださいね!(*^-^*)

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。