発達障害だって、頑張るもん!

発達障害だって、頑張るもん!

注意欠陥多動性障害(ADHD)で自閉症スペクトラムな息子を持つママ・ココです。子どもを通して学んだ発達障害児への対応、工夫、その他色々な情報をたくさんの人と共有できたらいいな、と思っています。

発達障害の特性

【発達障害児の一番病って?・4】 僕の順位へのこだわりを緩和させた方法

なかなかおさまらない発達障害児の1番への固執「1番病」。でも少しずつ緩和することができてきました。

【発達障害児の一番病って?・3】 車が追い越されるのが我慢できないっ!

一番病がひどかった頃、息子は車が追い越されただけで激しい癇癪を起こしていました。「一番病」実例その2です。

【発達障害児の一番病って?・2】 100点じゃなきゃ、許せない僕

幼児期にはなかった一番病。徐々に現れ始めたのは、発達障害だと診断されて間もなくでした。息子の「1番病」の実例をご紹介。

【発達障害児の一番病って?】 競争心ゼロから一番病へ

発達障害児によく現れがちな「一番病」。息子は低学年時までは競争心ゼロでした。

【「読み聞かせ」の効果って?】 発達障害児でも効果が高い「読み聞かせ」・2

読み聞かせの効果の第2弾。今回は内面の成長を支援します!

【発達障害児の身支度問題】 なかなか習得できない「だらしない身支度」。その原因って?

小学校高学年になったのに、いまだにズボンがずり落ちたまま学校生活を送っている息子。だらしないその身支度の原因に先生と頭をひねりました。

【モノに執着する子どもたち】 コレクターじゃないのに何でも拾ってくる僕の本当の理由

それってゴミじゃないの?ってなモノまで拾い集める息子。特性のひとつではあるようですが、それにはちゃんとした理由がありました。

【どうして姿勢が悪い?】 発達障害児のまっすぐ座れない意外な理由

授業参観でもお家の宿題中も。常に姿勢がぐにゃぐにゃな息子。そう言えば発達障害児ってやたら姿勢が悪い子が多いけど…。そう思っていたら、意外な理由が息子の口から聞けました。